育児と投資と節約と

いつの間にやら3児の父親になってました。気づいたことや思ったことなどを書いていきたいと思います。

Nexus7(2013)充電できない問題でワイヤレス給電規格Qi(チー)対応充電器を買ったら大正解

 

どうも。

やまこうです。

 

以前から怪しい動きをしていたNexus7が本格的にヤバい感じになってしまいまして、対策としてQi対応の充電器を購入しました。

 

 

 

 

Nexus7のUSBポートは壊れやすいみたい

 

購入後早いうちに、USBの角度が悪いと充電がされなくなってしまいました。

長男が踏んづけたり、ベッドから落としたりしたからかなあと思いながら、充電できる角度を調整しながら使い続けていました。

しかし、いよいよ角度の調整が職人技レベルになり、妻から自分では充電できないとクレームが入るようになったため、家庭円満のために解決を試みることにしました。

 

検索すると、色んな人がUSBポートの接触不良について書かれており、長男のせいでもなかったようです。

ごめんね息子よ。 

 

解決策もいろいろ

 

みなさん様々な解決策を取られているみたい。

 

USBケーブルを変える

 

正攻法かもしれません。

ただ、ケーブル側ではなく、本体側の異常であれば解決できませんね。

 

充電ポートを修理する

 

そんな手段もあるのか・・・

ただ、DIYというには難易度が高すぎるような。

工学部卒とかでも無いし。

これは諦めよう。

腕に自信のある方は挑戦されてみては。

 

 

ワイヤレス給電に切り替える

 

出ました!

以前から興味があったワイヤレス給電!

幸いNexus7はQiに対応しているようです。

 

Qiってなんだ 

 

Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である[1]。現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている[1]。名称の由来は中国語の「氣」。
NTTドコモでは、Qi規格に準拠したワイヤレス充電機能をおくだけ充電と称しており、登録商標を保有している。

 

wikipedia

 

なんやらわかりませんが。

Qiに対応した充電器と端末が揃えば、ワイヤレス充電が可能になります。

もちろん、どっちかだけ対応しててもダメだよ。

 

買ってみた

 

早速アマゾンで注文。

 

 

色はブラックにしました。

送料込みで1,000円以下のお値段。

 

お急ぎ便で、すぐに到着。

 

f:id:ymmtkuicru:20160801102747j:image

 

ちょっと箱がつぶれてて残念。

 

f:id:ymmtkuicru:20160801102757j:image

 

中身に説明書は無し。

ちょっと心配。

 

f:id:ymmtkuicru:20160801102806j:image

 

大きさは、手のひらサイズ。

持ってないけど、iPhone plusくらいのイメージでしょうか。

 

充電開始

 

取り敢えず、接続してみる。 

 

f:id:ymmtkuicru:20160801102815j:image 

 

お!

反応した。

藤充電が開始され、一安心です。

 

まとめ

 

充電速度比較は出来てませんが、3時間くらいで50%ほど充電できていました。

一晩置いといたら、十分にフル充電できる早さですね。

全く問題ないです。

接続の調整のストレスも無くなります。

もっと早く買っておいたらよかった。

価格も安かったので、同じようなお悩みをお持ちの方にはオススメです。