育児と投資と節約と

いつの間にやら3児の父親になってました。気づいたことや思ったことなどを書いていきたいと思います。

【投資】株価の過熱感を判断できるバフェット指数について自分で算出してみた

 

こんにちは。

やまこうです。

 

年末年始の休みを利用して、投資の本を読み返しています。

その中で、気になった情報を調べて記載しています。

 

 

 

バフェット指数とは

 

バフェット指数とは、かの有名な投資家ウォーレンバフェット氏が「どんなときでも通用する、単独で株式市場の割高・割安を判断するための最良の指標」として紹介しているものです。

 

算出方法

 

算出方法は、 いたって簡単で、下記の計算式で算出することが可能です。

 

バフェット指数 = その国のGDP ÷ 上場株式の時価総額

 

すごくシンプルですね。

 

株式市場と実体経済の乖離を見て、株式市場が過熱しているかどうかを知ることができます。

 

算出に当たって

 

今回は、日本とアメリカのバフェット指数を調べてみました。

 

GDPは名目と実質どっちを使うの?

 

GDPには名目と実質の2つがあります。

そもそもの違いですが、内閣府のHPでは下記のように説明してあります。

 

名目値とは、実際に市場で取り引きされている価格に基づいて推計された値。実質値とは、ある年(参照年)からの物価の上昇・下落分を取り除いた値。

名目値では、インフレ・デフレによる物価変動の影響を受けるため、経済成長率を見るときは、これらの要因を取り除いた実質値で見ることが多い。

 

ほうほう。

んで?どっちを使ったらいいの?

わからないので、名目を使うことにします。

詳しい人がいたら教えてください。

 

GDPの数値はどこから入手したらいいの?

 

日本のGDPは内閣府より発表されています。

過去からのデータもありますので、ここを参考にするのが良さそうです。

 

2015年度国民経済計算(2011年基準・2008SNA) - 内閣府

 

アメリカのGDPは世界銀行のデータから引っ張ってきました。

 

http://data.worldbank.org/indicator/NY.GDP.MKTP.CD?end=2015&locations=US&start=1999&view=chart

 

時価総額はどこから入手したらいいの?

 

日本のは日本取引所グループのホームページにありました。

 

その他統計資料 | 日本取引所グループ

 

アメリカのは一次情報が見つかりませんでした。

幾つかサイトを拝見してデータを集めましたが、2009年以降のものしか見つかりませんでした。

いつか見つけたいです。

 

現在の状況を表にしました

 

日本

 

時価総額とGDPの推移

 

f:id:ymmtkuicru:20161231153547p:plain

 

乖離率

 

f:id:ymmtkuicru:20161231154030p:plain

アメリカ

 

 

 

時価総額とGDP

 

f:id:ymmtkuicru:20161231154552p:plain

 

乖離率

 

f:id:ymmtkuicru:20161231154754p:plain

 

どちらも十分に割高の状態にあるようです。

 

確かに、警告を発する人たちの気持ちもわかります。

 

てか、アメリカの情報をもっと長い期間で欲しいです。

 

最後に

 

一つの指標だけを見て全てを判断することはできません。

 

ただし、実績があって皆が意識している指標には、価値があるはずです。

 

現在のような状況も、いつまで続くか分かりません。

 

前回のリーマンショックから、来年で9年目を迎えようとしています。

 

長期的な視点を忘れずに相場に向き合っていく必要がありますね。

 

それでは。