育児と投資と節約と

いつの間にやら3児の父親になってました。気づいたことや思ったことなどを書いていきたいと思います。

双子のお宮参りで宝塚市の中山寺に行ってきました。

 

こんにちは。

やまこうです。

 

本日、双子のお宮参りで中山観音に行ってきました。

 

 

お宮参りとは

 

お宮参りは、生まれて初めてその土地を守る産土神(うぶすながみ)にお参りし、赤ちゃんの健やかな成長と加護を祈る大切な行事です。母方の実家から贈られた祝い着を赤ちゃんにかけ、父方の祖母が抱いて参拝します。その後ろに母親が続くのですが、産後で体力が落ちていることに配慮してこうした形式になったようです。地域社会の一員として認めてもらう意味も込められているため、存在を強く印象づけようと、鼻をつねってわざと赤ちゃんを泣かせるなどの行いも、各地でみられました。
日取りは地域によって異なりますが、一般的には生後30日目から33日目が選ばれ、男児は31日目、女児は33日目に行うことが多いようです。赤ちゃんの体調や天候を優先して、撮影やお参りをしてもよいでしょう。

 

スタジオアリスHPより

 

地域によっても差がありますが、現在は、1か月あたりで絶対ということもなく、3か月以内の都合の良い時期で問題ないようです。

我が家は、1か月目と言ったら、保育器から出てきたばかりで、外に出すには不安すぎでした。

ようやく落ち着いてきたので、このタイミングでとなりました。

 

衣装はスタジオアリスで借りれる

 

高いとは思っていても、やっぱり便利なスタジオアリス。

撮影前提で、外出用のお宮参り衣装を貸し出してくれます。

また、前日の夕方から貸してくれるので、朝早くから行く方は前日に借りに行っても大丈夫です。

双子なので、ちゃんと二着貸してくれます。

着物の紐に引っ掛ける、縁起物も入っていますよ。

 

www.studio-alice.co.jp

 

中山観音

 

www.nakayamadera.or.jp

 

近くで元も有名な安産祈願のお寺です。

今回は、お礼参りも兼ねて。

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115547j:image

 

参道の様子

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115522j:image

 

途中で、お礼参り用のさらしが売っていますが、どこのお店で買っても一緒です。

どこでも600円。

空いているところで買ったらいいでしょう。

 

山門

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115539j:image

 

この右手の総案内所で初参りの祈祷のお金を払います。

双子だと祈祷料も二倍です。

10,000円×2で、20,000円になりました。

高いよー!

でも仕方がない。

 

後で、お礼参り用にもお納め料1,000円かかりました。

 

母子息災祈祷も有料ですが、やってもらえますよ。

初参りの祈祷との違いがわからなかったので、やめときました。

ちなみに、10日で3,000円、1か月で5,000円、2か月で10,000円です。

これも双子だと倍になるの?

 

ご祈祷

 

ご祈祷は土日大安なら、30分毎になります。

残念ながら写真撮影は禁止。

 

双子の健やかな成長を祈って。

 

長男の時は、参加の赤ちゃんが全員泣き出すという微笑ましいハプニングがありましたが、今回はみんな良い子で大人しくしていました。

 

ただ、長男はなかなかずっと黙っているのも難しく、お坊様の様子を見てそこそこ大きな声で、「あれ何してんのん?ご飯作ってんの?」とか言い出して参りました。

 

お休み処 梵天

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115602j:image

 

大本山のエスカレータ横に、カフェがあります。

軽食を取ることが可能です。

 

結構広いです。

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115640j:image

 

来ている人も、子連れが多いので、気を使わなくて済みます。

 

f:id:ymmtkuicru:20160912115611j:image

 

ただ、メニューは写真が少なくわかりにくいです。

 

f:id:ymmtkuicru:20160912121026j:image

 

蓮ご飯というのが名物みたい。

 

最後に

 

無事に行けてよかったです。

今回は、双子も含めて総勢9名の大所帯になりましたが、これくらの人手があると、遠出もなんとかなります。

逆に、人手がないとしばらくお出かけは難しいですね。

それでは。