育児と投資と節約と

いつの間にやら3児の父親になってました。気づいたことや思ったことなどを書いていきたいと思います。

【ローカル情報大分番外編】大分マリーンパレス「うみたまご」へ行ってきました

 

こんにちは。

やまこうです。

 

じじばばが孫をあちこちに連れて行こうと企画してくれています。

今回は熊本から足を伸ばして、大分の水族館「うみたまご」に行ってきました。 

 

 

 

施設概要

 

施設名

 

大分マリーンパレス「うみたまご」

 

場所

 

大分市大字神崎字ウト3078番地の22

 

営業時間

 

9:00〜18:00(3〜10月)

9:00〜17:00(11〜2月)

※9:00〜21:00(夜間営業時・直近は8月)

 

料金

 

大人(高校生以上) 2,200円
小人(小・中学生) 1,100円
幼児(4才以上) 700円

 

年間パスポート

大人(高校生以上) 4,800円
小人(小・中学生) 2,400円
幼児(4才以上) 1,600円

 

 

その他、バースデー割引・シニア割引・障がい者割引・団体割引があります。

 

公式HP

 

www.umitamago.jp

 

 

どんなところ?

 

動物と”なかよくなる”水族館、というのがテーマみたいです。

対象は、幼児から大人まで幅広いです。

 

お猿で有名な高崎山自然動物園と隣接しているので、時間と体力がある方は、どちらも行ってみるといいかもしれません。

 

新施設のあそびーちというのあり、生き物たちと触れ合える場所もあります。

 

実際に行ってみて

 

まず、2フロアにまたがる大きい水槽がお出迎えです。

 

f:id:ymmtkuicru:20160731101911j:image

 

当然後で、下からも見れます。

 

室内展示は、 期待通りです。

 

f:id:ymmtkuicru:20160731101926j:image

 

一番ブサ可愛い魚を載せてみました。

 

テレビでよく見る、頭の上を魚が通る道みたいな展示もありました。

 

メインのイルカショーは圧巻。

大人の方が、興奮してしまいました。

 

f:id:ymmtkuicru:20160731101941j:image

 

わざと観客に水を浴びせるパフォーマンスもあり、楽しめました。

カッパやタオルも配っていて、対策もバッチリです。

タオルは無料でしたが、カッパは有料かもしれません。

思った以上に水が飛んでおり、悲鳴も上がっていました。

濡れたくない人は、遠くから見るべきですね。

 

また、海も近いため眺めが素晴らしかったです。

 

f:id:ymmtkuicru:20160731102006j:image

 

なんか、マリーナベイサンズっぽい。

もちろん、行ったことはありません。

 

注意

 

かなり大きい水族館ですので、一回ですべてを楽しむのは難しそうです。

また、それぞれのショーは人気で前もって並んで置かないと、座って見ることはできません。

最初にプログラムを確認し、計画を立ててまわった方が良さそうです。

 

最後に

 

水族館自体が久しぶりだったからでしょうか、水族館の動物たちと触れ合ったり、生態を見せたりといった工夫が多く感じられ、面白かったです。

 

今回は、キッズコーナーの滑り台で時間を使ってしまい、肝心の魚を見る時間が足りませんでした。

まあ、時間があっても飽きてたかもしれませんが。

 

また、最後にあそびーちと云う生き物と触れ合えるコーナーがあることに気がつきましたが、今回は諦めました。

 

高崎山の猿も見せてみたかったですが、熊本から何度も行くにはだいぶ遠いですね。

次回はいつ行けるかわかりませんが、来て良かったです。