育児と投資と節約と

いつの間にやら3児の父親になってました。気づいたことや思ったことなどを書いていきたいと思います。

子供の学費(大学限定)について考える

必要な金額

日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査」によると、国公立大学に行けた場合でも、入学費用と在学費用を合わせて、516万3,000円必要となっています。

ましてや、私立大学になると、688万円(文系)~803万3,000円(理系)にもなります。

私立の場合は申し訳ないけれども本人にも頑張ってもらうとして、国公立大学の分だけでも親としては用意してあげたいと思います。

児童手当

平成24年以降、児童手当との名称で手当が支給されています。

目的

  • 家庭等の生活の安定に寄与する
  • 次代の社会を担う児童の健やかな成長に資する

支給対象

  • 中学校修了までの国内の住所を有する児童(15歳に到着後の最初の年度末まで)

支給金額

  • 0~3歳未満 一律15,000円
  • 3歳~小学校修了まで 第1子、第2子:10,000円(第3子以降:15,000円)
  • 中学生 一律10,000円

第3子とかは考えないとして、単純に、0~15歳までで、198万もらえることになります。

これに手をつけなければ、4割くらいは賄えることになります。

ただ、まだ300万ほど不足です。

毎月15,000円を積み立てて、年利5%にて運用ができると、18年後には5,238,030円になるようですが・・・

今は、それを世界経済インデックスファンドに託しているわけです。